<< 心地よい眠りを | main | 酷暑です >>

当院の内視鏡

0
     こんにちは 千葉マリンクリニックの院長です。

    暑い日が続いておりますが、皆さん体調を崩されていはないですか?
    最近お子さんを中心にヘルパンギーナが流行しています。
    ヘルパンギーナは急に熱がでて、口の中をみると軟口蓋(口に上の部分)にプツプツした
    潰瘍のようなものが出来る病気です。コクサッキーウイルスなどが原因で特効薬はありませんので、対症療法ということになりますが、登園許可書や治癒証明書が必要になります。
    急な発熱時は一度受診してください。

    さて、内視鏡について一つお話しさせてください。
    当院ではオリンパス社製の内視鏡を使用しております。
    胃カメラは経口、経鼻両方可能です。一般的にいって径鼻の方が楽というイメージがありますが、経口の内視鏡は麻酔をして寝ている間に検査が出来るので反射が強い方はこちらの方が楽だったりします。さらに当院ではPQという経口内視鏡でもカメラの直径が細いタイプのものを使用しておりますので、かなり楽に検査できると思います。胃の調子が気になる方は是非一度ご相談ください。

    また、最近NBIという言葉を聞かれた方もいるかと思いますが、これはNarrow band imagingの略でヘモグロビンを強調してみれる画像のことです。特に食道や咽頭の扁平上皮の観察に適しているので、早期の食道がんの発見に役立ちます。もちろん当院のの内視鏡にも搭載されておりますので、食道病変もしっかり観察できます。実際開業してから当院で発見された食道がんの方も6人ほどいらっしゃいます。

    これからも内視鏡と総合診療を軸に皆様に貢献できるように頑張りますのでよろしくお願いいたします。


    posted by: chibamarine | - | 21:37 | - | - | - |